こちらでは現在7期目(2022年3月現在)になる株式会社Funtocoの歴史を簡潔に振り返ります!
もっと知りたい方はいつでもご連絡ください〜!
社名:株式会社Funtoco
社名の由来:Fun=楽しい、おもしろいこと Toco=場所・寝床の「とこ」 の2つを掛け合わせた造語で世界に1つだけの名前
創業:2016年6月
現在:7期目
事業:外国人人材事業、登録支援機関、宿泊施設運営、特定技能ビザカレッジ運営
代表:西沢 翔太郎

創業期(2016年6月〜2018年9月)1期,2期,3期

代表の西沢が前職のインバウンド旅行ベンチャーで3年間モーレツに働いた後退職し、2016年6月に株式会社Funtocoを設立。
前職での経験や西沢自らの旅の経験などから、海外のお客様が楽しんで泊まれるゲストハウスを運営することを目的としての起業。

ゲストハウス運営を決めたものの、そこから開業に向けて怒涛の日々が始まる。
物件探し、許可取得、建築士、リノベーション、予算と地獄の初体験&大金(借金)賭けた大勝負。
色々なハードルをどうにか乗り越えて辿りついたのが、元々は木材工場だった倉庫。これが現在のゲストハウス兼Funtocoのオフィスです。(その時はこうなることなんて想像もせず。。)

ゲストハウス開業前
オーナーさんらの協力もあり、倉庫からゲストハウスへとリノベーションの日々。

想定の予算以上の費用もかかり、自らも解体作業などをしながらゲストハウス開業の夢へと突き進む日々。

そうして企業から半年後の2016年12月15日、これから何千人という世界中のお客様を迎え入れることになる、Funtoco Backpackers Namba の開業です。

ゲストハウス開業
ちゃっかり、現メンバーの山本もいますw

そして、ゲストハウス運営も軌道に乗り出し、大阪で1,200件あるゲストハウスのうちのTOP5へ常に入る人気のゲストハウスへと成長します。

お客さん

お客さん2

そこからアルバイトも採用し、夢だったゲストハウス運営も軌道に乗り、順風満帆に思えた株式会社Funtocoですが、このあたりから代表の西沢に異変が起こり出します。
元々成長意欲が圧倒的に高く、常にチャレンジし続ける男が、ゲストハウスでお客様を待つことがメインの仕事に徐々に耐えられなくなります。
そこから西沢の模索期が始まり、深い闇を行ったり来たりしながら、見つけ出した希望の光が、外国人人材事業です。

外国人人材事業初期(2018年10月〜2019年9月)4期

闇の中で模索をし続けた西沢は、1年間で200冊以上の本を読み、数百の事業計画を考えた上で、出した結論が、 “社会性が高く、人生を掛ける事業として、外国人人材事業を行う。”
ということです。

2018年8月でまだ特定技能ビザも始まっておらず、外国人人材紹介と言えば、技人国か技能実習かというような状態でした。
そこからメンバー探しを行い、現ミャンマーパートナーであるHtikeさんとも意気投合し、前職で同僚だった山本の参加も決まり、ゲストハウス運営を行いつつ、主軸を外国人人材事業へ移すためのアクションが始まり出します。

2019年1月から外国人人材事業をスタートしますが、当然ながら、何もありません。経験も知識もないのは当然ですが、
モニターなし!椅子なし!プリンターなし!スキャナーなし!ファイルもペンも紙もなし!!HPもなければ。。。なにもない!
パソコン持ち出し!実績なし!!経験なし!!特定技能ビザすらまだ始まっていない!!w
当たり前ながら売上もあるわけなく、給与なしからのスタート。

Htikeさん

なにはともあれ現地をみないと始まらないという思いからミャンマー出張へ!

ミャンマー出張

ビザの詳しいことなんて全くわからないですが、ミャンマーで日本に行くために人生懸けて日本語を勉強している人たちととにかく面談をしまくる日々。

ミャンマー面談

この人たちのためにどうにかしよう!という圧倒的熱量だけで、日本に帰り、企業開拓を進める日々。全くわからなかったビザについても少しずつ理解をしていくと同時に、事業のハードルの高さを知る日々。
しかし、ミャンマーで約束した人たちのために、何もないけど、熱量だけで企業様を説得し続け、ついにミャンマーでの面接が決定!

内定者

2019年5月には3社がミャンマーを訪問してくださり、30名以上の内定を獲得する。本当に熱量だけで企業様に動いてもらいました。

そして国内にいる外国人の方の紹介も徐々に動き出し、2019年6月には国内で初内定。7月には特定技能ビザを日本初で取得。

ホテル2名来日

8月には外食で初の特定技能ビザも取得し、ミャンマーへ2社行っていただき、内定を獲得、そして、5月に内定が出た方々が初来日という怒涛の日々を過ごし、外国人人材事業が大きく進み出そうとしている瞬間でもありました。

コロナ期(2019年10月〜2020年9月)5期

国内での人材紹介も進み始め、月に20名近くの内定が出るようになり始めました。

2020年1月にはインドネシアからの受け入れも本格化するためにインドネシア出張へ。

インドネシア

インドネシアでも日本を目指す多くの方々に出会い、熱量の高まりと未来への希望を大きく抱く。

インドネシア2

2020年2月にはミャンマーでの特定技能介護の試験が開始され、1年以上準備してきたことがいよいよ始まり出す。
と同時に社内の業務も増え続け、2人では回らなくなってきたところで、今やオペレーションの全てを引っ張る愛さんが3人目のメンバーとして参加!



国内外で種を蒔いてきたものが徐々に花が開き出そうとした2020年3月、コロナウイルスが世界で猛威をふるいます。
今まで仕込んできたものが一気に吹っ飛び、売上は0に。まさに経営危機!

このピンチをチャンスに変えるべく、社内ブログの整備や他社との協業などでどうにか生きながらえ、外国人人材事業への火を絶やすことなく、未来に進み続けます。

組織拡大初期(2020年10月〜2021年9月)6期

コロナウイルス直撃から半年、ついにミャンマーやインドネシアからの入国が可能となり、現地で待機していた方々の入国が始まり出します。

入国

入国2

20名近くが入国し、就業を開始、次なる入国に向けて動き出すも、、、2021年1月再び入国禁止
そして、2021年2月にはミャンマーでのクーデター勃発

ミャンマーの未来とミャンマーからの事業に大きな未来を懸けていた我々は失望の淵へ。これはかなり厳しかった。
しかし、諦めることなど一切なく、国内人材で単月売上過去最高を更新し、未来への希望を繋ぎ止めます。

今後を見据え、組織拡大することを意思決定し、今までゲストハウスの2階の端をオフィスにしていたところを拡大し、2022年4月に新たに会議室とオフィスをオープン。

オフィス

オフィス2

そこから新メンバーが入り、インターン生を採用し、単月売上過去最高を更新し続け、成長期へと突き進みます。

2022年6月にベトナム人スタッフのTraが入社!
Funtocoのお姉さん的存在で、Traさんが入社してから社内の雰囲気がまた変わりました。



現期(2021年10月〜2022年9月)7期

今期に入り、メンバーもさらに増えたタイミングで、2022年1月にさらに拡大。

新しいメンバーが続々と増え、改装してから1年も経たないうちにさらに広く改装しました。




2022年4月には日本人スタッフも外国人スタッフも増えてかなりダイバーシティーになってきました!



ネパール進出(2022年4月)

初ネパールでアポでたくさんの人に会いました!!
最高に楽しい!!
仕事でのチャンスも大きいし新しい国に訪れていろんなことを学び最高です。





ネパール出張2回目(2022年6月)

ネパールに行って一ヶ月弱でネパールから、30名以上の方が内定出ました!!!



国内人材での売上も順調に伸び、支援する外国人は200名弱まで成長。現時点で100名近くが入社待ち状態です。
そして入国も再開しだし、海外面接も再開しております。

Funtocoはこれからまだ見たことのない景色を見に行きます。

これからの歴史はあなたと一緒に作ることになるでしょう。
その景色を一緒に観に行きませんか?