ポジション

Myanmar Teams


国籍

ミャンマー


日本歴

7年目


なぜ日本に来たか教えてください。
世界のことをもっと知りたかったです。高校1年生から今まで生活していた自分の小さな世界よりもっと広い方の世界に出てみたいと思いました。
大学1年生の時大学卒した後は留学することを考えましたが、どこの国に留学することはまだ決めてなかったです。

その日本に居るお姉さんから日本のは話を聞いて日本の文化や習慣に興味を持ち、日本留学することを決めました。
お姉さんが居るのも日本へ留学した一つの理由になりました。


ミャンマーではどういう生活をしていましたか?
ミャンマーの一番北のミッチーナー(MYITKIYNA)という田舎で生まれられました。
小学校から大学までは地元にある学校に通いました。ミッチーナーでの生活は学校通って勉強したり、友達と遊んだりしてシンプルでした。
大学卒業しからは都会に行って英語や日本語などを勉強しました。

日本に来てからはどういう仕事をしていましたか?
日本にて初めてのアルバイトはラーメンの工場でした。
その後はかっぱ寿司屋のキチン、ラーメン屋のホールやコンビニのレジなど色々なアルバイトをしました。
学校通いながら、アルバイトするのは最初大変でしたが、アルバイト先の人たちとコミュニケーションを取って仲良くになってからは仕事の雰囲気が変わって楽しくなりました。
それからは仕事先の人と時間を取ってご飯に行ったり、旅行に行ったりしました。

日本の大学を卒業した後は、関西空港の近くにある泉佐野センターホテルで就職しました。
ホテルのフロントで接客業、予約管理や事務などを行なってきました。旅行でミャンマーからの来られたお客様のほとんどいなかったが、日本での旅行中でもいい思い出になるように頑張って接客した。

学生生活
白鳳短期大学では日本語をベーシックから学びました。学生時代イベントや交流会などに積極参加して、地元の方々とコミュニケションを取りました。
3年間は白鳳短期で勉強したて、後は大阪観光大学の3年生から編入しました。


Funtocoをどうやって知りましたか?
Facebookから知りました。
日本とミャンマー関係者ある仕事したいと思うとき、funtoco Facebookに募集を見ました。
その後は先輩に連絡して説明をしていただきました。

なぜFuntocoに入ろうと思いましたか?
ホテルの仕事を3年間働いた後は日本とミャンマー関係ある仕事をしてミャンマー人お互い手伝いたいと思っています。
現在日本で問題になっている人材不足のため、ミャンマーの方々を日本で安全、安心な仕事を紹介してミャンマー人をサポートしたいと思ったからです。
また今まで自分が経験してことを活かしてし、日本で働くことを希望しているミャンマー人のために役に立つ仕事をしたいと思ったからです。

これからの夢や目標はありますか?
日本でのミャンマーの力をもっと強くして、両国の関係を深くしていきたいです!!