ポジション

営業


入社までの人生について教えてください。
男3兄弟の末っ子として誕生しました。
男兄弟という事もあり、毎日長男から殴られる日々(笑)
元々内気な性格だったため、人の顔色を伺う毎日で自分の意見が言えない幼少期でした。

今思えば全て良い思い出?だと確信してますが、当時は早く日本を離れたいという気持ちが強く、
私は17歳の時交換留学制度を使い中国天津市にある天津大学で語学留学を経て18歳で天津南開大学に入学(99期生)。

初めて友達になった外国人はルームメイトのラオス人でした。
拙い英語と覚えたての中国語でコミニュケーションをした記憶があります。

この頃から自分を自由に表現し相手に伝えるスキルを身につけました。
人の顔色を見ずに話す事の自由さを今でも覚えています。

卒業後は日本のアパレル商社に入社、1年間働くも日本の会社に馴染めず自己都合退職。

今思えば日本の環境に対応出来なかったんだと思います。(笑)
中国に戻り当時日本で流行っている商材を探し、商売の基本「安く仕入れて高く売る。」

小規模ですが、2005年香港で貿易会社AOZORA companyを設立。

2017年にAOZORA companyを売却後、2018年10月日本の貿易会社に就職。
2022年9月Funtoco 入職。


なぜFuntocoに入社しましたか?
前職では香港の貿易会社を経営していたスキルを活かし、貿易業務に加え、洋服の生産管理や納期スケジュール管理をしておりました。
同時に特定技能VISAを知る事になり、ミャンマーでインターンシップ制度などを作った事がきっかけで人材紹介登録支援部署を作ることができました。

いざスタートしたものの技能実習のマイナス面が目立ち、企業様の外国人に対するイメージも悪く、常に外国人に対してプレッシャーになっていたと思います。

当時Funtocoのサイトをよく拝見しており、特定技能の必要性を書いており共感しておりました。
一番惹かれた言葉それはFuntocoに書かれた理念
「外国人に日本で働くチャンスを作る」でした。

一緒に仕事がしたいと思ったのはその時でしたね(笑)

Funtocoに入社してどのような仕事をしていますか?
現在は業務のサポートや新規顧客の獲得のため毎日打電をし、山本さんのサポートや既存の施設様へのサポート対応。
新規求職者のご紹介などを行っております。

Funtocoの会社の雰囲気を教えてください。
ベンチャー企業ということもあり、初めて働く環境なのでサイトで見るイメージの通り明るい会社なのか?
不安でしたが、西沢さん含め全員がポジティブで明るい会社でした。

私にとって最高の雰囲気と環境だと感じています。
社内全員とのコミュニケーションを大切にしつつ意思決定から実行までのスピードが早いです!
社内ルールでもあるように「ピッと感じたらパッと行動」気持ちが良いです。
全員が本音で話せる環境はここFuntocoにしかないと思います。

私が一番好きな社内ルールが
「自己責任100%」
全てにおいて自分の責任である。他責はない。

未来の仲間へのメッセージをお願いします。
Funtocoのメリットを生かし、日本が抱える問題や外国の方が就労しやすい、クリーンな環境作りのサポートを一緒にしませんか?

他に新たなビジネスモデルを模索しつつ大企業ではリスクがあり挑戦しにくい分野にもチャレンジできる最高の環境です。 時代ごとに変化するニーズに合わせて新たなサービスを生み出し、急成長を遂げる可能性があるのもFuntocoの魅力です。

毎日自分が成長できる姿を一緒に体感しましょう!!

きっとそこには明るい未来が待ってます。
そしてビジネスに繋がる新しい発見ができると確信しております。