Funtocoを知る記事一覧

ベーシック日本語学習プラン

  • ベーシック日本語学習プランとは
  • 助成金活用について
  • Funtocoが目指す未来


ベーシック日本語学習プランとは

Point

内容:

費用:月10,000円/人

頻度:月2回/1回2時間の講義(オンラインまたは現場にて)

その他:四半期1回レポート/学習進捗管理/その他相談等

現場できちんと活躍できるように日本語レベルを上げていくプランです。Funtocoが登録支援をしている方達に対して、生活のサポートや相談を乗るだけではなく、日本語学習もサポート、教育していきます。

ベーシック日本語学習プランでN2レベルまで到達した後に、介護分野の方々は介護福祉士取得プランへ移行し、特定技能ビザ5年間で介護福祉士取得を目指します。

日本語学習に関しては、Funtoco監修の元、Funtoco契約の外国人に精通した日本語教師が指導致します。

また、登録支援しているFuntocoメンバーが外国人の方の日本語学習の進捗を管理していきます。


助成金活用について

ベーシック日本語学習プラン単体での申込も可能ですが、OJTとOFF-JTを組み合わせた人材開発支援助成金を利用することで、ベーシック日本語学習プランの費用を助成金で全額カバーすることが可能です。
どのような助成金活用で進めるかはご相談させていただいてから進めていく流れになります。ぜひ1度ご相談くださいませ。

きちんと助成金活用をすることで、実質負担0円!!になります!!

詳しくは助成金に関してのページをご覧ください。

特定技能の登録支援業務を委託いただいている会社様であれば、面倒な書類のやりとりも非常にスムーズに行うことができます。
詳細はお気軽にお問合せくださいませ。

Funtocoが目指す未来

Funtocoは、日本の労働人口減少による国力低下に対する解決策として、クリーンな形での外国人人材紹介をしております。
しかし、特定技能1号はあくまで5年間。そのあとどうなるかはまだ国の方針が出ていない状態であり、現状は一時しのぎ的な対策となっています。

そこでFuntocoでは、特定技能1号で5年間の勤務を終えた後でも、希望する方々に関しては日本で継続して就労をしてほしいと考えています。
介護分野であれば介護福祉士の資格取得を目指し、在留資格「介護」への移行を目指すサポートをしていきます。
また、介護分野以外では直結する在留資格がないのが現状ですが、日本語力をN2レベルしていくことにより、専門学校に進学し、専門的な知識を身につけた上での技術・人文・国際業務ビザへの移行などの可能性も広がると考えております。

ご質問や詳細希望等がありましたが、お気軽にお問い合わせくださいませ!