Funtocoを知る記事一覧

Funtocoが外国人人材事業を通して向き合う課題【人口減】

Funtocoは、「外国人に日本で働くチャンスを作ることで、日本にパワーを与える。」という理念を掲げております。

日本のパワーを与えるとは、日本の人口減により起こりえる社会問題 を解決していくということです。

日本が変わらなければいけない時代です。私達が外国人と日本企業の間に入り、この問題を解決していきます。人口減の課題についてぜひ知って頂ければと思います。

*人口統計は、かなり正確なデータだと言われております。



日本の人口ピーク


増加していた日本の人口は、一気に減少していきます。日本が人口のピークが2008年です。

2008年には1億2,808万人の方が日本にいました。


2020年現在は1億2602万人です。

この10年間で200万人近い人口が減りました。名古屋市の全ての人口が消えるほどのインパクトです。



現在の人口減数



現在2020年は年間50万人以上の日本人が減っております。人口減と少子高齢化はものすごいスピードで進んでいます。


今後はこのスピード以上で人口が減っていきます。

日本の人口は、明治維新のころは4,000万人もいないところから、一気に1億2,000万人まで増えました。 今後は一気に日本の人口が減っていきます。


またコロナの影響や子育てを支援しない高齢者による高齢者の政治が、直接若者に影響を与えはじめております。出生率が低い状態で今後進んでいくと予想されています。



高齢者化率の変化


2017年時点で高齢化率は27.7%です。


私が生まれた1990年は、12.1%です。この30年間で高齢化率が15%上がることでどんな世界に変わったでしょうか?



税率は世界ワーストクラスになり、平均賃金は、先進国最下位になりました。

社会保険料の負担は増え続けています。


2020年の今は、まだ人口減の始まりです。ここから一気に日本の人口減、高齢化が進みます。


高齢化率27%から40%以上に現在から上がっていきます。その時私達も高齢者です!ポジティブな国のイメージがありますか?




2,100年の人口予想

このままだと2,100年には、人口が4,000万人以下になり、高齢者率は40%超えます。


どんな世界か想像することも出来ませんが、自分の子供を日本で育てることのリスクを強く感じます。今の30%の人口しかおらず半分近くが高齢者の国に未来がありそうでしょうか。。。2,200年には日本がこのままだと消滅するというデータもあります。


人口減により起こる様々な問題


人口減、高齢化率が上がることで様々な問題と直面していくでしょう。


税金は上がり続け、全体として給与が上がる可能性は低いでしょう。世界N0.2の国からアジア最貧国になっていく可能性もあるでしょう。


そして世界の先進国でも日本と同じように、高齢化問題と人口減問題は加速していきます。 アジア諸国から日本で働きたいと思って努力してくれている沢山の人が”今”はいますが、日本以外の国も受入れ体制を整えています。


給与面では、すでに他の先進国に勝てないので、日本の魅力を含めて外国人の方を受け入れて行かなければなりません。


今の日本は、まだ働きたいと思ってくれる方々がいるのに対して、外国人の方が働くチャンスが少なく、制度面や、就労ビザ、企業側の理解とまだまだ国として受入れ体制が出来ていないのが現状です。


日本が今後1番の問題になる少子高齢化+人口減の問題に真っ直ぐ事業で向き合っていきます。