Funtocoを知るコラム記事一覧

Funtocoが外国人人材事業を通して向き合う課題【日本で働く外国人の意欲低下】

Funtocoの理念は、 「外国人に日本で働くチャンスを作ることで、日本にパワーを与える。」です。

日本にパワーをなぜ与えるのか?というところは前回の  Funtocoが外国人人材事業を通して向き合う課題【人口減】 に記載を致しました。

実際に働くのは外国人の方です。

私達が力を入れているのは、海外で外国人の方の教育、適切な人材紹介(マッチング)、スムーズなビザの取得、外国人の方が搾取されないスキームの構築です。

なぜ”Funtocoが外国人の方の教育やビザ取得のサポートをして、日本企業に紹介することに力を入れる”のか??そこにはどのような課題があるのか。

【制度上の問題】


日本は2019年まで就労ビザは、高度な技術や外国人でしか出来ない仕事でしか発行されませんでした。しかし人材不足に陥っている日本は、技能実習制度、留学制度を利用して人材不足を解消しようとしていました。


技能実習制度



技能実習制度は、技能を日本で学び母国で利用するという目的だと国は提言していますが、現実は単純労働を最低賃金でまかなう制度になっております。

私は、母国に技能移転を目的として、雇用されている企業様の話は聞いたことがありません。受入れ企業様は、制度上で全うに外国人の方のことを考えている企業様がほとんどだと思っていますが、制度面にかなりの問題を抱えております。


また海外側のエージェントも教育をしっかり行っている会社様もあるのですが、技能実習制度の制度上競争原理が起こりにくく、人から搾取するエージェントも多いのが実情です。


–欧米、中国からは、技能実習制度は、現代の奴隷制度とも言われ批判されることもあります。

–弊社が行っている特定技能ビザでも同様の問題は海外でも起こり得ます。


留学生制度


 留学制度も、受入れる日本語学校や専門学校は、外国人のことを考えて受けらているのですが、どこの教育機関も次の教育機関への通しのような形です。

外国人の方は借金を背負い、なんとか日本に留学に来ているのに、教育機関のたらい回しになり、アルバイト漬けになるという悲惨な方がたくさんいらっしゃいます。



留学生だけで35万人。その中で就職出来る方は3割程度と言われております。

日本に来てまで、高いお金を払って留学に来ている方達も仕事を見つけるというところで、皆さんとても苦労しています。


色々なケースがありますが、生活もカツカツな中、学費をなんとか払い、専門学校等を卒業しても仕事がない。と言いますより、ビザがおりない。そういった方はたくさんいます。


せっかく日本の生活にも馴染んで、日本語も話せて、労働意欲もあり、何年もぎりぎりの生活で日本で留学生として頑張ってきても、就労出来るのがたった30%〜40%の間です。

またコロナの状況で解雇されるのも外国人の方が1番早いことが多いです。

日本の将来を担ってくれる能力の高い外国人の方達が、コンビニのアルバイトと留学費用を払うためだけに使い捨てされている現状が本当に心苦しいです。

【外国人人材業界に多い悪徳ブローカー】

そんな状況下で外国人を紹介する紹介会社の中には、彼らからお金をたくさん取ろうとする企業や、外国人の方に派遣社員として登録させる会社様などたくさんあります。

*派遣会社が悪いというわけではありませんが、ビザの更新が派遣では難しいことが多いです。

全てが悪いというわけではないですが、ビザの知識などがない状態で外国人を雇用してしまう会社様、よくわからずに進学を進める先生など、良い情報以外にも色々な情報の中で困っている外国人の方から月300件以上の連絡がきます。

特に悪徳ブローカー等は、国内、海外に多数いらっしゃいます。私達も事業始めた当初何度か悪徳ブローカーに騙されてしまい、海外にいる方達に迷惑をかけそうになったこともあります。

現在は日本で働きたいという外国人の方はたくさんいらっしゃいます

しかし、日本への就労は、現地の外国人方からすると複雑なビザの制度と不確定要素が高く、コストもかかります。

一方で、ドバイやシンガポールなどでは賃金も高く、シンプルなビザ制度で、文化や言語などを含め働く環境もいいという現実があります。

     ・ 奴隷制度とも呼ばれている技能実習制度、人から不当に高いお金を搾取する悪徳ブローカー、日本で専門学校に高いお金を払ったが、

    就職サポートのない学校などせっかく日本で働くことに興味を持っている外国人の方の意欲を削ぐような仕組みが多く、海外に出て就労をしようという方々の選択肢に日本が入らなくなってきています。

     ・ 就労先として、外国人の方々から選ばれる国・日本にしていく。これも我々が解決すべき課題です。


【企業の外国人採用理解不足】

 

 現在外国人採用を積極的に行っている企業は限定的です。なぜなら、複雑なビザ制度、悪徳人材業者の存在、社内教育制度等の未整備など企業が外国人を採用する際のハードルはまだまだ高いからです。

一方で、複数の国々の方々が様々なポジションで働き、企業全体に活力が生まれているケースもあります。

我々が、制度の理解を広げ、クリーンかつ低コストで安心して外国人の方を採用でき、定着までのサポート環境を整えることで、外国人採用の課題を解決していきます。


選ばれる国日本を目指して



日本語、英語、母国語が話せて、バイタリティがあり、日本文化や生活を理解して、アルバイトの経験などもあり、

とても優秀な方達が日本で働くことを希望しているのに、彼らが仕事が見つからない、ビザがおりないということで母国に帰ってしまうという現実がとても悲しく悔しい気持ちになります。

労働者不足と言われている日本で、とても優秀で日本のことを深く理解してくれている留学生の方達に日本で働くチャンスが少しでも増えることがとても重要なミッションであると思い、力を入れるようになりました。

彼らのために仕事を紹介することももちろんですが、企業様にもビザのことを伝えたり外国人人材の魅力を伝えていくことが私達の役目だと強く思うようになっていきました。

また海外で日本で働きたいと思っていている外国人の方にも、働くというところでしっかりとチャンスを今作ることで、日本で働けるということをアピールしていきたいと思っております。

そして外国人の方が搾取されず、努力している外国人の方には、日本で永続的に働く機会の創造をしていきます。