実績・実例記事一覧

【介護×外国人就職事例】「介護の仕事を選んで本当に良かった。」初任者研修資格も取得し、ミャンマーと日本の架け橋に

内定者情報

●名前:Wint Than Dar(タンダー)

●ミャンマー人:女性

●留学ビザから就労ビザ:技術・人文知識・国際業務

●大阪府下の介護施設に就職

●初任者研修取得済

●会社ではミャンマー人第一号!!

●今後20名弱のミャンマー人がミャンマーから入ってくる介護施設様!

 

ミャンマーの大学を卒業後日本で就労するために、留学生として来日。

日本語学校1年半後に不本意ながら日本語学校の先生に言われるままに日本の大学に入学するも、学費の負担が多く困っており、就職を決意!

今後ミャンマー人を数十人受け入れていく介護施設へ就職し、ミャンマー人と日本人の架け橋となり活躍中!!

インタビューワー

株式会社Funtoco│CEO│西沢 翔太郎

彼女の担当&企業担当

この仕事に就けて本当に良かった!

ーどうして日本に来ましたか?

日本で学んでいつかミャンマーに持って帰って貢献したいと思って日本に来ました。


ー日本で就職する前はどこで留学しておりましたか?

日本語学校に1年半行きました。その後大学に6ヶ月行きました!!


ーミャンマーで大学を出ているのに、日本語学校に行った後になぜ日本の大学に行きましたか?

本当は日本語学校を卒業して専門学校に入学して2年後に就職するつもりだったけど、日本語学校からは帰国か大学進学かの2択だったんです。 強制的に大学に行くようにさせられました。 すでに大学はミャンマーで出ているので、大学に行く必要はないのに、日本語学校から強制的に大学に行くしかないと言われたので仕方なく大学に行きました。


ーなぜ就職をしようと思いましたか?

大学に行ったけど、大学の授業とアルバイトを両立するのが難しかったです。大学は毎日授業があって、週28時間バイトする時間もなかったんです。学費と生活費を稼がないといけなかったけど、現実的には厳しかった。 現地で大学も卒業していたし、大学で学ぶのではなく、日本で就職をしようと考えました。


ー日本学校ひどいですね。。。。

私には夢があります。日本で働いて、日本の技術をミャンマーに持って帰りたい!!けど、日本の大学生活は金額的にも限界だし、すでにミャンマーで大学を卒業していて、日本の大学を卒業する意味はないので、就職しようと決めました。


ーなぜFuntocoを知りましたか??

ミャンマー人の友人からの紹介で、Funtocoを知りました!


ータンさんですねえ〜

*タンさんはFuntocoがお仕事を紹介したミャンマー人です。

Funtocoは本人のやりたい仕事を考えて、提案してくれた

ーなぜFuntocoで就職活動することに決めましたか?

他のエージェントは有料だったけど、Funtocoは無料でした。派遣会社とかも有料でした。。。 面談の時に西沢さんがきちんと話を聞いてくれて、本人のやりたい仕事を考えてくれて、提案してくれた!! わからないことばかりで、何回相談してもいつでも応えてくれたし、ビザの相談もいつも聞いてくれたので安心出来ました!!


ータンダーさんは賢くものわかりもいいので、私はとてもやりやすかったですよ!

面接の時も一緒にサポートしてくれて、面接前も練習もしてくれてとてもいいと思います!!


ーありがとうございます!!!嬉しいですね!!

Funtocoミャンマーパートナーと介護施設の方々とタンダーさん


介護の仕事を選んで本当によかったです!!

ーどうして介護を選びましたか?

はじめは色んな仕事に興味があって迷っていたけど、介護のアルバイトを1年間半くらいしていて、介護の仕事に興味があるなと実感して仕事を選びました。


ー実際介護で働いてどうですか?

実際に働いてみて、本当に介護の仕事して良かったと思います。日本に来て、介護の仕事を選べてよかったです!


ー介護の仕事はどんなところが好きですか?

みんなは介護の仕事は大変だと言うし、みんなはやりたがらないと思うかもしれないですけど。。。 私は実際に現場で働いていると高齢者の寂しい気持ちもわかるし、どこへもいけないし、本当に人生の最後だと思う。 高齢者の人生の最後をどうやって、どの立場からどうやってサポートしたら正しいのか、どうやったら皆の役に立つのかを考えるのがとても楽しいです。 そしてみんなの笑顔が見られるのが楽しい。


ーすごくいい。とても素敵!!

他の仕事でもいろんな幸せがあるかもしれないけど、人生の最後にどうやって自分がサポートできるのかを考えて仕事できるのが楽しい。 人生の最後をどうやってサポート出来るかを考えて、実行するのが楽しい。そして利用者の方の笑顔が見れて、幸せです!


ー超いい!!本当に素晴らしい!!すごい!!

Funtocoさんと同じですよ〜〜 Funtocoさんは私の就職をサポートして、私が仕事で頑張っていて、順調にいっていることを見るだけで幸せでしょ〜〜! 私も高齢者の方に感じることと同じですよ〜〜!


ー嬉しい!!感動!!(´;ω;`)あー嬉しい!!

後はこれからミャンマーから来る子達をサポートをして、介護の仕事の良さを伝えていきたい。 仕事の幸せを伝えていきたい。どんな仕事でもしっかり目的を持って行えば幸せになれることを伝えたいし、介護の仕事の幸せを伝えたい!


ミャンマー現地で特定技能ビザの内定者に特定技能ビザのテストの講義をしている様子

ー素晴らしい。。。これから来るミャンマーの子達をお願いしますね!!

日本では他の仕事でも就職出来たと思うけど、私が選んだこの介護の仕事が人生の選択として正しいと思います!


ー会社では今後ミャンマー人を20名弱受け入れて行きますが、タンダーさんがリーダーとなりますよね?

はい!そうです! ミャンマーにもすでに2回行ってます!


ーミャンマーではどんなことをしましたか?

ミャンマーでは、特定技能ビザの試験対策を内定者の方に行いました!


初任者研修取れました!!

ー日本で働いてい困ったことありますか?

高齢者を自分なりの考えで幸せにしたと思うけど、自分の方法が間違っているかもしれないと感じることがある。 どうするのが利用者にとって幸せかが考えるのが難しいです。 介護は自立支援だから、全てを手伝うのは違う。 最初の3ヶ月は全部をサポートするのが正しいと思っていたけど、利用者の力も無くなってしまうのも感じたので、どこまでのサポートをするのかが、難しいけど、職場の人に相談して、アドバイスをもらって慣れてきました。


ーとても成長している!すごい!!

初めは、勉強もしていなかったし、知らなかったからとても困りました!!後は認知症の方とかもいるので、はじめはとても困りました。


ーどのように対応していきましたか?

仕事の仲間やリーダーさんに相談しながら、色々と教えて頂きながら、やっていくうちになれて行きました。 また初任者研修の勉強して、介護の知識もつけていきました!


ー初任者研修はとれました?

はい!!とれました!教室は日本人しかいなかったです!日本語が少し難しかったですが、教室にいる日本人の方がとても優しくてなんとか勉強もついていけました!


ミャンマーで介護留学生で来るメンバーと家族との食事会


 

ーこれから就職活動をする方々などに何かメッセージはありますか?

日本にきた目的は何か。技術を身に付けたいのか。お金を稼ぎたいのか。 目的を見失わずにいて欲しい。 仕事で自分に何が残るかを考えて行動して欲しい。 私はこの仕事が1番あっているとおもう。


 

ー最後にこれからはどのようなことを頑張っていきますか?

介護施設に今後ミャンマーから来る留学生や特定技能ビザでくる人たちのサポートを一生懸命やっていきます。また介護福祉士を取れるように勉強していきます!


ーインタビュー終えて

タンダーさんとのインタビューを終えて、正直にとても嬉しかったです! 私達はミャンマーからの介護人材の紹介をメインに行っておりますが、日本に来ているミャンマー人の方からも相談をよく受けております。 日本にいるミャンマー人の方もとても素敵な方が多くまた介護職をしたいと言う方が沢山います。 タンダーさんも初めは迷っていましたが、本気で介護に取り組むと決め、就職し今は悩みながらも本気で介護という仕事に取り組みまたミャンマーから来る方達のために準備を進めています。 会社様もタンダーさんがいるからミャンマーからの方々を受け入れることに対して準備をしっかりと進めることが出来ております。 彼女が大学生の時本当に困っている中で私達と出会え自分の人生の道を見つけ、輝いている姿を見て本当に嬉しいです。