コラム記事一覧

介護事業様が外国人採用を躊躇する 理由ランキング【2020年度版】

目次   
    【No.5】利用者様からのクレーム
    【No.4】外国人受け入れる余裕がない
    【No.3】制度が複雑でよくわからない
    【No.2】採用コストが高い
    【No.1】日本語能力に対する不安

株式会社Funtocoでは、先進的な外国人雇用を行われている企業様から、初めて外国人の方を受け入れる企業まで幅広く顧客がいらっしゃいます。

また介護業界だけではなく、外食、宿泊業界でも外国人の方をご紹介させていただいております。

そういった知見から、外国人の方を採用したいけど、踏み切れないという企業様がほとんどだと思っております。

少しでもそういった企業様の不安が解消され、外国人雇用に前向きになれればと思っております。

外国人雇用をされますと人材不足に悩むことはなくなります。

【No.5】利用者様からのクレーム

介護施設様から伺う外国人の方の採用を躊躇される中で、外国人だから利用者様がクレームをするという不安は採用すればすぐに消えると思います。

今まで外国人採用をされている事業様から、外国人だから利用者様からクレームが入るというようなことはありませんでした。

どちらかという利用者様から、海外からわざわざきて、頑張ってるね!!や他国の文化を学ぶ機会と捉えられとても可愛がられるというポジティブなところが多いです。

高齢者の利用者様が外国人の方を差別するようなことは基本的に人ととしてないと思いますし、もしそのような方がいらっしゃったら外国人というところではなく、その方に問題があるようです。

利用者様からの外国人だからというクレームは聞いたことがないです。そこは安心して頂ければと思います。

【No.4】外国人受け入れる環境が整っていない

外国人を受け入れるための教育制度や、環境が整っていないと言われる事業様も多いです。

日本人でも外国人でも教育制度、環境は大切です。外国人の方と働いたことがない状態では、環境を整えることが出来ません。

少しずつでも外国人の方と働いていくことで環境が出来てくると思います。

ほとんどの事業様は、1人採用されると慣れてきます。環境は少しずつ採用しながら整えていくことが良いと思います。

【No.3】制度が複雑でよくわからない

介護で外国人を採用する場合は、沢山の制度があります。色々な事業者が色々な制度の良い面、悪い面を説明されると思います。

かなり複雑ですし、リスクが不透明です。働いてもらうために採用するなら特定技能ビザで採用することが1番ですが、これも営業に来る人材会社や、技能実習の協同組合などによって内容が変わると思います。それぞれの思惑があるからです。

制度が複雑でわかりにくいと思います。

そんな方は以下の記事を読んでみてください。

【No.2】採用コストが高い

採用コストが高いと思われる事業様は多いと思われます。

2019年4月からスタートした特定技能ビザがまだ浸透していない状態で、今までの技能実習生や留学生介護で受け入れを検討されている企業様がほとんどです。

技能実習生は実習という名目ですので、高額な管理費用、研修費用、管理コストがかかっておりました。

特定技能ビザで雇用する場合はコストは下がります。しかしそれでも日本人の方よりビザの申請、登録支援費用、現地での教育費用などコストはかかります。

ただ彼らは、転職リスクがほぼありません。転職せずに最低5年。その後特定技能2号や介護福祉士を取れれば引き続き働くことが可能になります。

長期目線で見ると定着率が高く、採用コストは圧倒的に下がるでしょう。

【No.1】日本語能力に対する不安

日本語に対する不安を抱える事業様が1番多いと私達は感じております。

私達Funtocoメンバーは全員が2言語以上話せ、常に外国人の人働いており、また海外での就労経験等もありますので、かなり外国人と働くことになれています。

また第2言語で働くというはどういう障害があるのか自らが経験しておりますので、知っています。

一方介護事業様は今まで日本人の方としか働いてなかったと思います。抵抗感があって当たり前だと思います。

まず1番は、弊社がご紹介させて頂く方達は、日本語レベルが仕事が出来るレベルでご紹介させていただいております。

現地で採用して頂く場合もそうですし、国内在住の方もそうです。

現地で日本語勉強をしっかりして頂き日本にきてもらっております。

また彼らは日本語の基礎はしっかり勉強して日本に来ますので、日本に来てからもものすごいスピードで日本語が上達します。

語学というのは使えば使うほど上手になります。彼らは若い20代の方がほとんどですので、すぐに上達していきます。

弊社でご紹介させていただいている方が日本語が話せないということでクレームになったことはありません。

まとめ

少しでも事業様の不安を取り除きながら、外国人の方の採用をしていって頂きたいと思っております。

しかし1番は採用して一緒に働いてみることだと思います。

外国人の方も同じ人間です。
日本人でも能力の差、仕事の不向き、人柄全然違います。

外国人の方も同じです。

海外で不慣れな言葉で働いたことあるでしょうか??

とても大変です。

それでも乗り越えて働こうと思ってくれる人達が一生懸命に働かないことはない少ないです。

外国人人材採用に興味がありましたら、ぜひご連絡くださいませ。