コラム記事一覧

外国人留学生をアルバイトとして雇用することのとメリットと注意点

目次
    留学ビザの基本
    働ける時間制限
    留学生アルバイトを雇用するメリット
    留学生アルバイト雇用の際の注意点

留学ビザの基本

留学のビザは、基本的には働いてはいけないというのが大前提になっております。

実際は、皆さんが普段から色々なところで目にすると思いますが、沢山の留学生の方が働いています。

資格外活動という許可を得て、留学生はアルバイトが可能になります。

資格外活動とは
活動時間の制約

留学生の場合は週に28時間以内、長期休暇(夏休み、冬休みなど)の際には、1日8時間以内までです。また、「家族滞在」「特定活動(継続就職活動)」の在留資格を持っている場合は、週28時間以内です。

留学生アルバイトを雇用するメリット1

即戦力になります。外食、ホテル、介護、コンビニ、工場など色々なところで外国人留学生が働いております。

彼らはアルバイトが生活を支える全てです。

日本語がまだ上手に話せない方も中にはいるかもしれませんが、一生懸命に働いてくれるというところはすごく助かると思います。

留学生アルバイトを雇用するメリット2

アルバイト期間を通して、よく働いてくれる外国人をそのまま正社員として採用することも可能になります。

就労ビザが外国人の方がおりるかどうかその方の条件次第ですが、ビザの要件を満たせば正社員として雇用することが可能です。

特にわかりやすいのは特定技能ビザです。中でも外食業界や介護業界は定期的に特定技能ビザの試験を日本で行っておりますので、留学生の方がそういった分野で正社員として働きたいと思えば、ビザを取得することが可能です。

弊社へ相談にくる留学生の中にもアルバイト先では雇用していただけなかったということをよく聞きます。

会社側がビザの理解が出来ていない場合は多く機会損失が生まれていると感じています。

留学生アルバイトを雇用するメリット3

外国人留学生が留学生の友達を連れて来てくれることです。外国人の方が日本で就労出来る可能性は4割に満たない状況ですので、ビザの理解がある企業様には沢山の外国人の方が集まってきます。

留学生のうちにアルバイトの方を雇用し、そのあと正社員にも出来るというルートを作っていると沢山の外国人の方が働きたいとくる可能性があります。



アルバイト雇用の注意点

・オーバーワーク

週28時間という活動時間の制限があります。この時間を管理せずに週28時間以上を働かせることは違反です。

悪質なケースは書類送検等、罰則が課される場合もございます。

・在留カード詐欺

数は少ないですが、在留カードが偽造されているケースです。

在留カードが偽造されており、違法に外国人の方を雇用してしまうケースです。

こちらで在留カード番号が本物かどうか確認が出来ます。

出入国在留管理庁 在留カード等番号失効情報照会

今後の留学生の流れ

今後留学生の数は少しずつ減っていくと予想されております。

留学生の方は労働することが最終的なゴールの方も多いです。

日本で留学し、そのあとに就職をする。

少し前までは留学生中にアルバイトを週28時間以上して働きまくり稼いで帰るという方も多数いらっしゃいました。

留学生を30万人まで増やすという国の計画の元、留学生が増えてきましたが、留学生の本音も国の本音も労働としていましたが、 国際的にも問題となる前に留学生は学びに来る方に絞っていくという形を取り始めていると感じます。

労働で来る場合は、特定技能ビザで来てください。留学生として労働目的では日本に来ないでくださいという形に変わっていくと予想されます。

中国や韓国が90%台で推移しているが、ミャンマーは前年の76%から15%、バングラデシュは61%から21%、スリランカは50%から21%まで下がっています。

外国人の方が日本にきて働きたいと思って頂けている今に、私達は彼らが活躍出来る場所を作っていくことが重要だと思っています。