ビザ・制度記事一覧

ミャンマーでの特定技能ビザ試験について

  • ミャンマーで特定技能ビザテスト開催済業種
  • ミャンマーでJFT-Basic 国際交流基金日本語基礎テスト開催
  • ミャンマーで特定技能ビザテスト申込み方法
  • ミャンマーで特定技能ビザテスト申込みの様子
  • ミャンマーでの特定技能ビザの人気度

ミャンマーで特定技能ビザテスト開催済業種

ミャンマーでは特定技能試験の開催はすでに4業種で行われています。

特定技能 宿泊
特定技能 介護
特定技能 外食
特定技能 農業

この4業種ですでにミャンマーでは特定技能ビザのテストが行われております。

またミャンマーでの特定技能ビザの合格率は驚異です。
特定技能ビザ介護の合格率は、他国では50%を切るところも多いですが、ミャンマーでは驚異の80%超えです。


ミャンマーでJFT-Basic 国際交流基金日本語基礎テスト開催

JFT-Basic 国際交流基金日本語基礎

JFT-Basic 国際交流基金日本語基礎とはこちらの日本語テストに合格すれば、特定技能ビザ申請の時に利用出来るものです。

特定技能ビザのテストを海外で開催する際にセットでJFT-Basic 国際交流基金日本語基礎テストも一緒に開催しております。

ミャンマーでもすでにJFT-Basic 国際交流基金日本語基礎テストも開催されております。

JFT-Basic 国際交流基金日本語基礎のテストも大人気でものの数分で締め切りされてしまうほどの人気ぶりです。


ミャンマーで特定技能ビザテスト申込み方法

ミャンマーでの特定技能ビザテストの申込み方法は、各業界特定技能ビザのページで申込みます。

ただし受験料金の支払い等は現地で指定された場所での支払いになります。
現状は現地では振込やクレジットカード払いは許可されておりません。


ミャンマーでの特定技能ビザの人気度

ミャンマーでは特定技能ビザの人気はとても高いです。

特に近年は、日本語学習数も増えており、日本での就労の人気は高まっておりますが、技能実習制度や留学を利用して日本に来ることが中々できない状態であったため、沢山の日本語学習者が特定技能ビザで日本に来ることを考えており、特定技能ビザの日本気度を表しております。


コロナの影響

ミャンマーでもコロナウイルスの影響が多大にあります。

6月末まではロックダウンが継続され、特定技能ビザ、JFTの試験がいつ行われるかは決まっておりませんが、ミャンマー国内では徐々に日本語学校も再開され始めており、未来に向けての準備を進めております。