ビザ・制度記事一覧

特定技能は転職できるの?

目次
    ・特定技能は転職できるの?
    ・特定技能の転職にかかる期間
    ・特定技能ビザの転職サポート
    ・まとめ

特定技能は転職できるの?

結論からいうと特定技能は転職が可能です。
ですが、転職するための手続きは時間と手間がかかります。


特定技能の転職手続き

特定技能ビザの転職には、退職した元の受入企業の手続きと、転職する新しい受入企業の両方で手続きが必要です。


退職した元の受入企業が行う手続き

特定技能制度では、雇っていた外国人が会社を辞めた場合、「特定技能雇用契約に係る届出」「受入れ困難に係る届出」という2つの届出が義務付けられています。 この2つの届出は退職した元の企業の義務になります。


転職する新しい受入企業が行う手続き

特定技能では、転職をする場合にも「在留資格変更許可申請」をする必要があります。

この在留資格変更許可申請は、留学生や技能実習生から特定技能へ変更する時の在留資格変更と同じ手続きです。つまり、ビザを再度取得し直すことになります。外国人本人や転職先の企業が用意する書類や作成する書類の数も多いので、特定技能ビザを持っているからといって簡単に転職ができるわけではありません。


外国人本人が行う手続き

会社を辞めた時と新しい会社が決まった時は、それぞれ14日以内に「所属(契約)機関に関する届出」を外国人本人が入管へ行う必要があります。


特定技能の転職にかかる期間

特定技能の転職に必要な在留資格変更許可申請も、通常の在留資格変更と同じで、1か月〜2ヶ月程度だと思われます。また申請をする前に、書類を集めたり書類を作成する期間も必要ですので、余裕をもった期間設定で申請を行った方がいいでしょう。
申請する外国人本人側の書類は1年以内に提出している書類に関しては省略できるものもあります。


注意

会社を退職してから在留資格変更の許可がでるまでは仕事ができません。


特定技能ビザの転職サポート

特定技能ビザの転職には在留資格変更許可申請が必要であり、手続きの面でもかなり複雑です。初めて特定技能外国人を受け入れる企業様の場合は特にサポートが必要かと思います。申請書類や必要書類に不備があると、入管へ再提出や追加提出などがあり、余計な時間がかかる場合もあります。


まとめ

特定技能は転職可能ですが、転職する場合はきちんとした手続が必要です。
弊社では特定技能ビザの申請サポートを行っております。お気軽にお問い合わせください!