Funtocoを知る記事一覧

事業のきっかけ1

Funtocoが外国人人材紹介事業を始めた経緯

海外編

代表取締役の西沢です!

外国人人材紹介事業を始めた経緯は、私が前職(株式会社FREEPLUS:インバウンド旅行会社)にいた時にさかのぼります。

前職の旅行会社では、アジアを中心とした旅行会社様とのやりとりで、働いていたメンバーの半数以上は外国人のメンバーでした。

前職で一緒に働いていた外国人メンバーはとても優秀で、バイタリティにあふれておりました。

彼らは国を代表するような優秀な方達だったので、日本で働きたい、日本に来ていて困っているなどの外国人の相談をよく受けていましたが、私達はその時はなにもすることが出来ませんでした。

また彼らの母国から日本に来る時に、騙されたりすることで悲しい思いをしている人たちの話を聞いており、いつかなにか出来ないかというのがこの事業の原石です。

画像

2016年に株式会社Funtocoを設立し、世界中のお客様に大阪を楽しんでほしいと思いで宿泊施設”Funtoco Backpackers Namba”を作りました。世界中の人に日本を楽しんで頂くために、会社を設立し、日本を元気にしていこうと活動をしております。

そんな中、Funtoco海外パートナー:ミャンマーのタイさん,インドネシアの松浦さんが母国に帰り会社を設立し始めたタイミングで、昔いつかやろうと思っていたこの事業の話をして、今までは技能実習生しか出来なかったが特定技能ビザも1年後くらいに始まるというタイミングで、今までチャンスが無かった方達にチャンスを作ること、現地から日本に来る際に騙したり、法外な金額を取ったりすることをせずに外国人採用に理解のある企業様に紹介、日本側でのサポートをするという思いで事業を始めるになります。

ミャンマー、インドネシアでは沢山の方が日本語の勉強しながら日本に行くチャンスを待っている方が沢山いらっしゃいます。

日本に行ったこともないし、日本人ともほとんど話したこと無いのに日本語がとても上手な子達もいます。

こんな方達が日本で働くチャンスを掴めたらどんだけよいだろうか。人材不足の企業で働くことでどんなシナジーが生むだろうとかとワクワクしたことを昨日のように覚えています。



海外の現地に信頼でき、ビジョンを共有出来る仲間がいることでこの事業はスタートしました!!

日本に来て働き人生を変えるために一生懸命に努力している外国人の方に、人材不足で困っている企業様をマッチングし、サポートをすることで日本のパワーになるようにやっていこうと決めて動き出したのです!

合わせて読みたい ・事業のきっかけ2