ビザ・制度

日本語検定試験とはなにか?日本語レベルN4ってどれくらいのレベル?

  • 日本語能力試験(JLPT)とは
  • 日本語能力試験(JLPT)のレベルについて
  • 私達の経験上の日本語レベルについて
  • 特定技能ビザの基準の日本語
  • 日本語検定にテストの時期と場所
  • 日本語検定N4のレベル問題例


日本語能力試験(JLPT)とは

外国人が日本語の能力を図るもので1番オーソドックスで1番利用されるものは、日本語能力試験(JLPT)と言われるものです。

日本語能力試験(JLPT)
日本語能力試験(JLPT)には5つレベルがある。

日本語能力試験(JLPT)にはN1、N2、N3、N4、N5の5つのレベルがあります。

いちばんやさしいレベルがN5で、いちばん難レベルがN1です。

N4とN5では、主おもに教室内で学まなぶ基本的な日本語がどのぐらい理解できるかを測ります。

N1とN2では、現実の生活の幅広い場面での日本語がどのぐらい理解できるかを測ります。
そしてN3は、N1、N2とN4、N5の「橋渡し」のレベルです。

日本語能力試験のレベル認定の目安は、下の表のように「読む」「聞く」という言語行動で表します。

この表には記述していませんが、それぞれの言語行動を実現するための、文字・語彙・文法などの言語知識も必要です。

日本語レベル 概要
N1 幅広い場面で使われる日本語を理解することができる
読む 幅広い話題について書かれた新聞の論説、評論など、論理的にやや複雑な文章や抽象度の高い文章などを読んで、文章の構成や内容を理解することができる。
聞く 幅広い場面において自然なスピードの、まとまりのある会話やニュース、講義を聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係や内容の論理構成などを詳細に理解したり、要旨を把握したりすることができる。
N2 日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる
読む 幅広い話題について書かれた新聞や雑誌の記事・解説、平易な評論など、論旨が明快な文章を読んで文章の内容を理解することができる。
聞く 日常的な場面に加えて幅広い場面で、自然に近いスピードの、まとまりのある会話やニュースを聞いて、話の流れや内容、登場人物の関係を理解したり、要旨を把握したりすることができる。
N3 日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる
読む 日常的な話題について書かれた具体的な内容を表す文章を、読んで理解することができる。 日常的な場面で目にする難易度がやや高い文章は、言い換え表現が与えられれば、要旨を理解することができる。
聞く 日常的な場面で、やや自然に近いスピードのまとまりのある会話を聞いて、話の具体的な内容を登場人物の関係などとあわせてほぼ理解できる。
N4 基本的な日本語を理解することができる
読む 基本的な語彙や漢字を使って書かれた日常生活の中でも身近な話題の文章を、読んで理解することができる。
聞く 日常的な場面で、ややゆっくりと話される会話であれば、内容がほぼ理解できる。
N5 基本的な日本語をある程度理解することができる
読む ひらがなやカタカナ、日常生活で用いられる基本的な漢字で書かれた定型的な語句や文、文章を読んで理解することができる。
聞く 教室や、身の回りなど、日常生活の中でもよく出会う場面で、ゆっくり話される短い会話であれば、必要な情報を聞き取ることができる。


私達の経験上の日本語レベルについて

年間数千人単位の日本語学習者と面談をしている私達の感覚でJLPTの合格者の日本語レベルについて説明致します。

人によって大きくことなりますが、大きく分けるとこのような形になります。
例外的には、N4でも日本人レベルで日本語が話せる方も沢山います。


N4:意思疎通にストレスを少し感じるが、レストランやホテル、介護の現場で働くことが可能です。
日常的な場面で、ややゆっくり話される会話なら、内容がほぼ理解できる」レベルです。


N3:全てが理解出来るわけではないが、基本的な現場の仕事だとコミュニケーションに困ることが減るでしょう。

N2:日本人と同等レベルでLine等を使え、口頭のコミュニケーションではほぼ困ることはありません。
理解出来ない言葉も他の言葉で表現することが可能になりますので、細かいニュアンスまで伝えれます。


N1:日本人と遜色なくコミュニケーションが可能になります。


JLPTに関しては、あくまでも目安として扱うことが良いです。話すのがとても上手だが、JLPTを受けていないという方も沢山います。日本語検定試験とはなにか?日本語レベルN4ってどれくらいのレベル?
また国よってもレベルのばらつきが出てしまいます。中華圏は感じが使えるので、JLPTの点数が高く出やすいです。

特定技能ビザの基準の日本語

特定技能ビザで必要な基準はN4以上です。
N4以上で、特定技能ビザはおりますが、JLPTを受けておらずN4を持っていないとどれだけ話せても、特定技能ビザはおりません。
N4以上を持っていることとても重要です。

またその他にも国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)というテストも特定技能ビザで有効になります。

国際交流基金日本語基礎テスト(JFT-Basic)は、日本国内では行われずに、特定技能ビザで受け入れる国現地で行われています。


日本語検定にテストの時期と場所

日本では、年に2回試験が実施されます。

7月と12月に実施されます。

特定技能ビザでは、JLPTかJFTという日本語試験のみが有効です。

日本国内では、JLPTしか行われていないので、年に2回しかチャンスがありませんので留学生の方は試験を受けれるときは、必ず試験を受けるようにすることが良いです。


開催場所
日本:47都道府県
海外:75カ国・地域、238都市

世界中でJLPTのテストが行われております。


日本語検定N4のレベル問題例

N4問題例①

あにはバスで会社に 通って います。

1.むかって

2.かよって

3.わたって

4.もどって

N4問題例②

ふねでにもつを 送ります。

1.送ります。

2.近ります。

3.戻ります。

4.行ります

どうでしょうか?外国人の方が日本語を勉強するというのは簡単なことではありません。
また日本語は英語などとは違い日本人しか使わないため利用価値が日本国内もしくは彼ら母国の日本企業で働くのみです。

彼らが命をかけて日本語を勉強してくれて、日本で働きたいと思っている思いを利用して、お金を搾取したり、ビザ等もかなり複雑にしていることに対して私達は憤り感じております。

少しでも外国人の方が日本で働く上でサポートができればと思っています。