Funtocoを知る

なぜFuntocoは外食分野で外国人人材を紹介するのか。

なぜFuntocoは外食分野で外国人人材を紹介するのか

  • 外食産業の人材不足状況
  • 高い日本人離職率
  • 人材獲得のハードルが高い
  • 今後の人材不足
  • なぜFuntocoは外食産業で人材紹介をするのか?


外食分野の人材不足状況

高い日本人離職率

まず外食産業,宿泊産業で大きな問題は離職率がとても高いと思われます。

新卒3年以内の離職率が50%を超えているというデータもあります。



人材獲得のハードルが高い

他業種に比べても深刻な人材不足でもあります。

また24時間営業のお店が多いことや残業等も多いために日本人の方の就労率が下がり、離職率が上がっております。



今後の人材不足人口

今後サービス産業は10年間で 400万人という途方も無い人材が不足すると言われております。

外食産業では、IT化をどれだけ進めたとしても、ある程度の範囲は人員が必要になります。

日本の生き残る道として、観光立国をなしえていく上で日本の外食産業がとても重要になります。そこで働く人たちが 疲弊していく環境を変えていきたいと思っております。



留学生が今後激減

今アルバイトなどで活躍している外国人留学生ですが、今後は外国人留学生の数は減って行く方針に日本政府は変えていっております。

特に就労目的の留学ではほぼビザがおりなくなりました。ミャンマーは留学生のビザが 76%から14%まで落ちております。

都市部では外国人留学生が働いていない店を見つけるのが難しいくらい浸透しておりますが、彼らの数が減ってくる可能性も大いにあります。



外食産業は外国人から大人気!!?

弊社は国内にいる留学生や転職希望者の外国人の方と月200名以上と接しておりますが、外食産業は就労先として大人気です。

国内にいる外国人は、すでにアルバイト等で飲食店で働いた経験もあり、自分が働くイメージが出来ることや日本の飲食店で学びたいという方も沢山いらっしゃいます。

またミャンマーでは2020年3月に初めて特定技能ビザ外食のテストがありましたが、大人気すぎで、1分で150名の枠が埋まってしまうほどです。

今まで外食では人が集まりづらいと思われているかもしれませんが、外国人の方は、日本の外食産業で働くことに憧れを持っています。

なぜFuntocoは外食産業で人材紹介をするのか?

外食産業では今までは留学生の活用のみが外国人が就労出来る方法でした。アルバイトのみです。

弊社がメインとしているアジア諸国の方々は、外食産業で働くことの人気がとても高いのですが、今までは ビザが下りず働けず泣く泣く帰国している人たちが沢山いました。

特定技能ビザ外食が出来たことにより、2025年までにで 55,000人が外食産業で働けることになります。 また日本の大学を卒業した方は、特定活動ビザ46号として、働くことも可能になりました。

外食産業にもついに外国人の方の採用が可能になりましたが、外国人の採用にはビザの問題や、今まで外国人の方を採用したことがない企業様にはわからないことだらけです。

また外国人の方もどこの会社様が外国人を採用しているのかわかりません。

人材不足で悩まれている外食産業の企業様が沢山いること、外食産業で働きたいと強く思う外国人の方が沢山いること、その気持をつなぎ合わせるために株式会社Funtocoは外食産業で外国人の人材紹介を行います。