ニュース記事一覧

ミャンマー人への緊急避難措置

ミャンマー人への緊急避難措置として特定活動ビザの申請が認められることになりました。


ミャンマーでは2021年2月1日に国軍によるクーデターが発生しました。
各地で抗議デモが活発化しており、国軍・警察は一般市民に対して発砲をし、死亡や負傷をさせる事態が発生しています。
デモに参加していない住民に対する暴力等も報告されております。

ミャンマーにおける情勢不安を理由に帰国できずに在留を希望するミャンマー人に緊急避難措置として在留や就労が認められることになりました。
また、難民認定申請者については、難民申請が不許可の場合でも、上記と同様に緊急避難措置としての在留や就労が認められます。


申請できる特定活動の種類

◯特定活動(6か月・就労可)

現在の在留資格が満了した方が申請できます。 *雇用契約期間が満了した方、技能実習を修了した方、学校を卒業・修了した方など

申請方法

1, 在留資格変更許可申請書 http://www.moj.go.jp/isa/content/930004088.pdf

2, パスポートの写しやパスポートの出入国印など、上記の対象者であることが分かる資料

3, 理由書 http://www.moj.go.jp/isa/content/001349366.docx


◯特定活動(1年・就労可)

今後、特定技能での就労を希望する方が申請できます。こちらの特定活動は雇用維持支援になります。

申請方法

1, 申請書

2, 受入れ機関が作成した説明書

3, 雇用契約に関する書面(雇用契約書,雇用条件書の写し)

4, 受入れ機関が作成した賃金の支払に関する書面

 以下2つは技能実習からの変更申請の場合のみ

5, 従前の監理団体等が作成した技能実習生の現況に関する説明書

6, 参考様式(受入れ困難に係る報告書)

こちらのブログ記事にもまとめております。
【新型コロナウイルスで解雇された外国人へ雇用維持支援】 
https://funtoco-inc.com/koyouijishien/

申請方法の詳細は出入国管理局のホームページをご確認ください。http://www.moj.go.jp/isa/nyuukokukanri14_00008.html



まとめ

現在ミャンマーで起こっているクーデターは一般市民も巻き込まれている惨事です。
日本に在留しているミャンマー人は3万人以上います。弊社でも多くのミャンマーの方をサポートしています。 現地にいる家族や友達のことが本当に心配だと思いますが、ただ現状では、帰国することは非常に危険が伴うと思います。
あなたの周りにいる困っているミャンマー人の方がおりましたら緊急避難措置について伝えていただきたいです。