Funtocoを知る記事一覧

日本の人口について①:Funtocoが解決する課題

目次
    ・日本の人口ピーク
    ・日本の人口推移
    ・日本の今後の人口推移
    ・まとめ

日本の人口ピーク

参考史料

増加していた日本の人口は、一気に減少していきます。

日本が人口のピークが2008年です。
2008年には1億2,808万人の方が日本にいました。

2020年現在は1億2602万人です。

この10年間で200万人近い人口が減りました。名古屋市の全ての人口が消えるほどのインパクトです。

今後はこのスピード以上で人口が減っていきます。

日本の人口は、明治維新のころは4,000万人もいないところから、一気に1億2,000万人まで増えました。
今後は一気に日本の人口が減っていきます。



日本の人口推移

参考史料



2,100年の人口予想

4,959万人

もし私達がなにもしなければ、私達が死ぬころには、日本は今の人口の半分以下で全く違う国になっていることでしょう。

労働者と支えられる高齢者の数がほとんど同じになり、人口が減り、経済が縮小し、相対的に他国より貧しくなって行く未来がほぼ確実に迫ってきています。

2019年の人口減少数

2019年に出生した方の数が、86万4,000人と過去最小です。

2019年の死亡数は、137万人3,000人です。

51万2,000人の人口が日本から減っていっております。

日本の中で50万人以上いる市は、30個もありません。中核都市1つ以上の人口が毎年減っていく国が日本です。

私達は、毎年中核都市が1つずつ失われていく日本の現状に危機感を大きく持っております。



今後の人口推移



2048(平成 60)年には 9,913 万人と 1億人を割り込み、2060(平成 72)年に は 8,674 万人になると推計されています。

2010 年時点より4,132 万人の減少となり、半世 紀の間におよそ 3分の1の人口を失うことになります。

減少規模は、2014(平成 26)年 の東京都・神奈川県・大阪府・愛知県の人口を合計した数を超えるものとなると見込まれおります。

2060 年の 8,674万人という規模はどの程度のものか。過去をさかのぼって見てみると、総人口が 8,500 万人前後だったのは、戦後の 1950(昭和 25)年(8,320 万人)です。
ただし、2060 年と1950 年とは人口の構成という点において、大きく異なります。




1950 年当時は 0~14 歳と 15~64 歳の合計で総人口の 95%を占めており、65 歳以上は 5%程度と非常に若い人口構成であったことがうかがえます。
これに対し、2060 年推計結果では、前者の 割合は 60%にまで低下する一方、後者の割合は 39.9%にまで上昇する見通しとなっています。

特に、75 歳以上の人口割合は、26.9%に達し、1950 年と 2060 年では、総人口の規模という点では同程度であるものの、その構成について見てみると、大きく相違するものといえます。

なお、65 歳以上の人口は今後、いわゆる「団塊の世代」が 65 歳以上・75 歳以上となる 2015(平成27)年・2025(平成37)年には、それぞれ 3,395 万人・3,657 万人になると見込まれている。その後も 65 歳以上の人口は増加を続け、2042(平成 54)年に 3,878 万人でピークを迎え、その後は減少に転じると推計されています。

2061 年以降の総人口については、参考推計ではあるものの、2100(平成 112)年には 4,959 万人と 5,000 万人を下回る見込みとなっています。

まとめ

日本は島国で基本的に日本人だけで、人口を増やして来ました。ただ今後は確実な人口減が進みます。

過去には、ここまでの大規模な人口減を経験した国はないでしょう。

人口減とセットで高齢化率も上がってきます。支える労働者は減り、支えられる高齢者が増えます。

未来がある子どもは増えず、お年寄りの方が半分という国になっていきます。

人口予想は外れることがないと言われる統計です。

日本の半分が高齢者で、人口減が止まらず、今の人口の半分の国になる未来がこのままだと必ず日本に訪れるしょう。

私達Funtocoは、国の人口という問題に取り組みます!!