ビザ・制度記事一覧

在留資格を有する外国人の再入国が再開します!

目次
    ・在留資格保持者等の再入国の概要
    ・在留資格保持者等の再入国の詳細
    ・再入国の際に必要な手続・書類等
    ・「再入国関連必要書類提出確認書」の取得方法
    ・まとめ

在留資格保持者等の再入国の概要

新型コロナウイルスの感染対策のため、原則として日本への入国を拒否をしておりましたが、令和2年7月22日、日本国政府は、在留資格保持者等の再入国・入国を順次許可すべく検討する方針を発表しました。

入国制限がかかる前に日本から出国した留学生や企業関係者らを対象に、8月5日から再入国できるようになります。(注:入国拒否対象地域指定前日までに当該地域に再入国許可をもって出国した者に限る)約9万人が対象となります。


また、これに伴い、これまで特段の事情があるものとして入国が認められてきた「永住者」「定住者」「日本人の配偶者等」及び「永住者の配偶者等」の在留資格保持者等についても、今後は感染拡大防止等の観点から、再入国の際に新たな手続が必要となります。


在留資格保持者等の再入国の詳細

現在、入国拒否対象地域に14日以内に滞在した外国人については特段の事情がない限り入国拒否の対象となっています。
「永住者」「定住者」「日本人の配偶者等」及び「永住者の配偶者等」の在留資格保持者等に関しては、特段の事情があるものとして入国が認められてきました。

今回の決定で、入国拒否対象地域指定以前に日本を出国した再入国許可保持者は、2020年8月5日より、日本への再入国が認められることになります。
再入国の際は、居住国に所在する日本国大使館/総領事館において「再入国関連書類提出確認書」の発給を受ける必要があります。また、日本入国前に取得した新型コロナウイルスの「陰性」であることを証明する「検査証明」の提示が必要となります。

入国が認められてきた「永住者」「定住者」「日本人の配偶者等」及び「永住者の配偶者等」の在留資格保持者(及びこれらの在留資格を有さない日本人の配偶者又は日本人の子)も同様に、9月1日以降に再入国される方については「再入国関連書類提出確認書」の取得が必要になります。また、出国時刻から72時間以内に受けた「検査証明」が必要となります。

入国後は14日間の公共交通機関の使用をしないことや自宅などでの待機が必要になります。


再入国の際に必要な手続・書類等

COVID-19に関する検査証明は、出国(搭乗予定航空便の出発時刻)前72時間以内に取得したものが必要となります。

検査証明は原則として、所定のフォーマットを使用してください。
所定フォーマットダウンロード→ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100078393.docx

※所定のフォーマット(Word)を現地医療機関が記入し、医師が署名又は押印したもの

※検査証明は、日本に到着後、原本又はその写しを、入国審査官に対し、再入国関連書類提出確認書とともに提出してください。

所定のフォーマットによる検査証明発行に対応する医療機関がない場合には、任意の様式の提出も可としますが、審査に時間がかかることがあります。また、任意の様式の場合は、所定フォーマットと同内容が記載されていること。


これら必要な書類を提出できない場合には、上陸拒否の対象となります。また、偽変造された検査証明を提出するなどして上陸許可を受けたと認められる場合には、在留資格取消手続及び退去強制手続の対象となることがあります。

お住まいの国で、無症状の方への検査を行わない方針をとっている場合には、検査結果を入手できる国・地域に一旦行き、そこでPCR検査証明を取得してください。


「再入国関連必要書類提出確認書」の取得方法

お住まいの国に所在する日本の日本国大使館/総領事館で取得していただく必要があります。
「再入国関連必要書類提出確認書」は、日本国大使館/総領事館で申請を受理した後、後日発行されます。

必要なもの
・旅券(みなし再入国許可含む、有効な再入国許可が貼付されているもの)
・在留カード
・交付申請書 ダウンロード→ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100078392.pdf


まとめ

今まで永住者や配偶者などに関しては入国の許可がされていましたが、 既に在留資格を保有する留学生や外国人労働者なども入国ができる様になりました。
今後、徐々に入国が緩和されていくと思いますが、入国後、14日間の公共交通機関不使用や自宅等での待機は引き続き必要になります。