コラム実績・実例

外国人採用×助成金活用②【外国人労働者に活用できる助成金とは】

目次
    ・雇用調整助成金
    ・人材確保等支援助成金(外国人労働者就労環境整備助成コース)
    ・キャリアアップ助成金
    ・人材開発支援助成金
 外国人の方を雇用する際に活用・申請できる助成金のご紹介をします。 最初に申し上げますが、外国人を雇用するだけでもらえる助成金はありません。  各助成金ごとに目的、助成額などの特徴がありますので、ぜひ助成金選びの参考にしていただければと思います。

・雇用調整助成金

 現在新型コロナウイルスの蔓延で、飲食店・宿泊業・介護施設様など休業をやむを得ない 会社様は多数いらっしゃると思います。従業員を休業させる際、休業手当を支給していれば、国からの助成金で人件費の補填ができます。人件費が高くて、お店が続かない・・・クビにするしかないのか・・と頭を悩ませる前に、一度雇用調整助成金の導入をご検討ください。


目的:コロナの影響により、「事業活動の縮小」を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を図るために、休業を実施する事業主に対して、休業手当などの一部を助成するものです。


対象:休業手当を支払っている、最近1か月間の売上高が前年同月比5%以上減少している。
※参考:厚生労働省 雇用調整助成金 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

・人材確保等支援助成金(外国人労働者就労環境整備助成コース)

 外国人労働者が急増するなか、新しく外国人に配慮した職場環境をつくるための、社内のマニュアル等を多言語で整備する費用、通訳費、通訳期導入費などを国が助成してくれます。

目的:外国人労働者をめぐる労働環境を整備することでトラブルを防止することを目的としています。

対象:外国人労働者を雇用する事業主であること、外国人労働者の離職率が10%以下であること、外国人労働者に対する就労環境整備措置を新たに導入し、外国人労働者全員に対して実施すること

※参考:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/gaikokujin.html

・キャリアアップ助成金

 正社員化、処遇改善の取り組みを実施した事業主に対して助成する制度です。キャリアアップ助成金の正社員コースは、特定技能第1号、外国人技能実習生など、無期雇用ができない外国人に対しは、支給対象外となります。

目的:有期契約労働者や短時間労働者などの雇用を対象とした助成金で、非正規雇用から正規雇用への転換を主な目的としています。

対象:雇用保険適用事業所の事業主であること ※参考:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/part_haken/jigyounushi/career.html

・人材開発支援助成金

 人材開発支援助成金とは、企業が労働者の能力アップのために実施する、研修や訓練の経費を一部助成する制度です。

目的:日本人にも外国人にも適応されますが、職業訓練のための費用やトレーニング期間の補助を目的とした支援金です。
OJT(実地研修)とOFF-JT(机上研修)が組み合わさった研修コースなど、最長半年の訓練期間が助成対象となります。

対象:雇用保険の被保険者、対象となる事業主は、主に中小企業や事業主団体、または中小建設事業主団体です(大企業も対象となります) ※参考:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

Funtocoでは外国人の方にも活用できる助成金の申請サポート、研修を行っています。お気軽にご相談くださいませ。