ビザ・制度

介護分野で働くには、どのビザがいい?          

  • 介護分野で働くには、どのビザがいい?
  • 介護ビザの概要
  • 特定技能介護の概要
  • 技能実習の概要
  • EPA(特定活動)
  • まとめ

介護分野で働くには、どのビザがいい?

介護分野で働くといってもたくさんのビザがあります。
今回はどのビザで働けるの?その違いはなに?といったところをご説明いたします。

介護分野で働けるビザは4種類です。

・介護ビザ

・特定技能介護

・技能実習

・EPA(特定活動)


介護ビザの概要

介護ビザとは、2017年9月にできた、介護福祉士の国家資格を取得した外国人が長期間働くことができる在留資格です。


介護ビザの取得要件

要件:介護福祉士の国家資格取得が必要。

在留期間:最長5年間で、原則として更新可能。

家族ビザや配偶者ビザの取得も可能です。

介護福祉士の受験資格

実務経験ルート:介護施設で実務経験3年以上と介護職員実務者研修の修了

養成施設ルート:養成施設2年以上


弊社、株式会社Funtocoでも、介護ビザの紹介事例があります。

事例と流れ

ミャンマー人:8名


ミャンマーから来日

日本語学校1年

養成施設2年

介護福祉士の受験

介護ビザ取得をし、就職

現在は日本語学校に通っています。学生の期間中は週に28時間までアルバイトが可能なので、学校に通いながら実際に介護施設でアルバイトとして実務も身につけていっております。



【介護ビザに関して詳しくはこちら】



特定技能介護の概要


特定技能ビザとは日本の深刻な人手不足対策に対応するため、日本で働きたい外国人の採用を進め、 即戦力となる外国人材の受け入れを行う為に、2019年4月に新設されたビザです。

特定技能ビザの取得要件

要件:日本語能力検定と特定技能試験(介護)の合格が必要。

在留期間:最長で5年間で、特定技能介護としてはそれ以上の更新は不可。介護福祉士の資格を取得すれば介護ビザへの変更が可能。


また、日本人と同等以上の報酬を受けることが定められています。


特定技能の詳細についてはこちらhttps://funtoco-inc.com/specifiedskilledvisa-overview/



技能実習の概要


日本の企業、施設などで習得した技術、技能を母国へ持ち帰り経済発展を目的とするための制度です。

技能実習制度の要件

要件:入国前非営利団体のサポート、事前講習などが必要。

在留期間:最長5年で、以降は特定技能ビザへの在留資格変更が可能。


ビザの更新時には技能検定等(基礎級等)の学科試験及び実技試験の合格が必要。

3年目終了時に1ヶ月以上の一時帰国が必要など、制約は多いです。


技能実習の詳細についてはこちらhttps://funtoco-inc.com/workvisa-overview/



EPA(特定活動)の概要


EPAとは、インドネシア・フィリピン・ベトナムの3ヶ国と結んでいる協定で、 看護師・介護福祉士の知識の修得、技能に係る業務に従事する活動です。

EPA(特定活動)の取得要件

要件:インドネシア・フィリピンは日本語能力検定N5以上と入国前に6ヶ月の日本語研修、 ベトナムはN3以上が入国前に12ヶ月の日本語研修必要。

在留期間:看護師候補者は最長3年間 、介護福祉士候補者は最長4年間。

     

看護師国家試験又は、介護福祉士国家試験の合格が出来れば介護ビザに在留資格変更が可能。




まとめ


介護ビザは、他の介護分野の在留資格と違い、問題がない限りずっと在留することができる上、その家族の在留資格も取得も可能です。

しかし、介護ビザは取得するまでのハードルが高く、特定技能、技能実習、EPAで経験を積んでから国家資格を取得するか、 介護福祉士養成施設で2年間以上就学し、国家資格を取得する必要があります。

その為、介護ビザは即戦力として有力ではありますが、ビザの取得までに能力や時間を要することから、一向に介護分野の人手不足は解消されないままでした。

それらの難問を取り除いたビザが、2019年4月に新たに導入された特定技能です。

特定技能は一定の基礎知識を習得すれば就労可能な為、今後の介護業界の人手不足解消の助けになるのではないかと思います。