ニュース記事一覧

コロナで失業した外国人、他職種に再就職可能へ

失業した技能実習生,特定技能外国人の方「特定活動」の申請可能へ

出入国在留管理庁は17日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で失業した技能実習生や特定技能外国人への救済策として、 従来は許可されていない他職種への再就職を特例で認めると発表しました。 4月20日から申請の受付が開始されています。

対象となる外国人は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による経営不振などが原因で解雇された技能実習生や特定技能場合、 本来は同一職種内でしか転職は不可能ですが、ホテル業や飲食業、製造業など業績の落ち込みの激しい分野は、 同業への再就職が難しいとみられる為、入管庁では「職を失ったことを理由に帰国しなくても済むよう、雇用を維持する」と、 こうした外国人を支援する方向です。また、内定を取り消された留学生なども、この仕組みを利用できます。

詳細は法務省HPに掲載してあります。

【特定技能はこちら】 【技能実習はこちら】